Skip to content

Connect with WHOI:

Refine by Date

Refine by:

Topic

Article Type

Special Series

Author

Oceanus Articles


福島第一と海: 災害対応の10年間を語る

Earthquake aftermath

福島第一と海: 災害対応の10年間を語る English Version 2011年3月11日、日本の都市仙台の東約129キロメートルで起きた震度9の地震によって発生した津波は、水柱となって沿岸部に激突し、福島第一原子力発電所を大破した。一万六千人近い人々が犠牲となり、現在も発電所から放射能汚染水が流出している。(撮影:ケン・コステル、©ウッズホール海洋研究所) 2011年3月11日、日本の都市仙台の東約129キロメートルで、海底が激しく隆起した。日本を支える構造プレートの下部にゆっくりと沈み込んでいる太平洋プレートによって蓄積された歪みが、突如スライドし跳ね上げられたのである。ほんの一瞬にして、サッカー場の半分もの大きさの海底の一部が水平方向に押しやられ、9メートル以上上昇した。 日本では毎年数百もの地震を経験するのだが、しかし、東北地方太平洋沖地震はこの国が記録した中でも未曾有の大規模なものであった。マグニチュード9の揺れが長くとも6分も続き、本州を2メートル半も東へシフトさせた。 海底が上部大きく突き上げられ発生した津波は、半時間もしないうちに近隣の日本沿岸地域を襲った。街全体が三階立ての建物に匹敵する水壁によって破壊され、一万六千人近い人々が犠牲となった。 福島第一原子力発電所もこの時被災を免れなかった。地震翌日には爆発が起き、拡散される放射性降下物を避けるため、15万人以上の近隣住民が強制的に避難することを余儀なくされた。さらなる放射性物質が海洋に直接流出し、大気中に拡散したものも最終的には海洋表面に降下した。 「このような天災によって海に流出する放射性物質の量としては、福島第一原発事故は、前例のない出来事だったのです。」と、ウッズホール海洋研究所シニアサイエンティストであるケン・ベッセラー博士は話す。「起きたことを振り返り、現状を把握することは非常に重要です。」 三重の災害から10年目となる今年、ベッセラー博士は世界中の研究者たちと福島での出来事において過去10年間学んできたこと、さらにどのように状況が引き続き変化するのか、遠隔で議論してきた。 発電所の内部 福島第一原子力発電所は、適切に地震に対応するシステムを備えていた。激震によって送電線が破損し、プラントと六基の原子炉が送配電網から遮断され、三基の稼働中の原子炉が自動的に停止した。しかし、原子炉を停止させることは電気を消すように容易なことではない。 「核分裂反応が止まったとしても、放射性物質は熱を発し続けます。」福島県沿岸における研究調査隊を幾度も率いてきた東京海洋大学の神田穣太教授は云う。「かなり長期にわたり水で冷し続けなくてはなりません。」 燃料棒を冷却する水を汲み上げ続けるために、施設は予備発電機に切り替えた。そして、津波が襲った。 原発は海面から9メートル上に掘削された丘陵に建設されていた。その区域で予測されていた津波の高さは最大6メートルであったと、神田教授は云う。しかし、その日襲った津波は11〜15メートルの間と記録された。それは施設を浸水させ、予備発電を破壊した。 冷却システムが故障したのち、原子炉の炉心の温度が上昇し始めた。原子炉内の燃料棒が過熱し溶解し始め、ウラニウム燃料が露出して格納容器が破損した。同時に原子炉の水が蒸気になり金属製燃料棒に反応して、揮発性の水素ガスが発生した。 炉心内に蓄積した圧力を軽減するため、発電所の作業員たちは数日間にわたり何度かガスを放出した。このガスは放射性同位体、あるいは放射性物質を大気中へ流出したが、それだけでは済まなかった。続く数日の間に原発での三度の水素爆発が今まで以上の放射性物質を空中に放出し、その多くは最終的に海洋上に落下したのである。 緊急隊員たちが過熱した原子炉へ必死に高圧放水砲と消火ホースで噴水し、そして自衛隊のヘリが上空から何百トンもの水を投下させた。こうした水は放射性物質を取り込み、海洋へ溢れ出すか、地面に浸透していき、最終的には海へと運ばれていくこととなった。 地震により福島第一原子力発電所は停電し、津波により予備の発電機が浸水したことで、6基の原子炉のうち3基が過熱溶解し、水素ガスが発生したのち爆発した。放射性物質を含んだ地下水や冷却水は海に流出し、海岸の砂や海底の堆積物に、あるいは魚類やその他の生物に蓄積され、大部分は海流に乗って太平洋を横断した。(福島中央テレビ)…

Read More

Data with a side of sass

Data Dollies

The name “data dollies” was a tongue-in-cheek way of calling attention to the essential yet unglamorous work these mostly young, college-educated women performed while not at sea.

Read More

Microbial Methane – New Fuel for Ocean Robots?

Methane seep

Researchers are developing on an energy harvesting platform that converts marine methane to electricity. The system could be an answer to power-hungry robots that are being asked to explore increasingly larger swaths of the ocean.

Read More

On the high seas

RV Armstrong

On the high seas Observers join Orpheus cruise thanks to the Neil Armstrong Fund By Hannah Piecuch A cruise with a…

Read More

Finding answers in the ocean

The test being used to diagnose the novel coronavirus—and other pandemics like AIDS and SARS—was developed with the help of an enzyme isolated from a microbe found in marine hydrothermal vents as well as freshwater hot springs.

Read More

Gift enables new investments in ocean technologies

Photo of Susan and Coleman Burke

A grant from the Coleman and Susan Burke Foundation has allowed WHOI to make crucial investments in remote technology that enhance research innovation at sea. New video monitors aboard the R/V Neil Armstrong will allow scientists and crew to video conference throughout the ship or with colleagues on shore. The Burke Foundation also funded three projects making use of novel data streams from the Ocean Observatories Initiative and field test a wave-powered platform that enables remote communications with autonomous underwater vehicles.

Read More

Who is Peter de Menocal? A Conversation with WHOI’s new President & Director

Peter de Menocal

On October 1st, Dr. Peter de Menocal assumed the role of President & Director of Woods Hole Oceanographic Institution, the 11th person to hold that title since the Institution was founded in 1930. In a wide-ranging conversation, we meet the man and the scientist—and get a glimpse of what WHOI’s future may hold under his leadership.

Read More

A Sea of Hazards

Sea of Hazards

How ocean scientists are working to safeguard us from the perils of a changing ocean

Read More

Putting the ‘nuclear coffin’ in perspective

WHOI geochemist Ken Buesseler discusses marine radioactivity monitoring in the Marshall Islands atop Runit Dome

WHOI chemist and marine radioactivity expert shares his thoughts about radioactivity waste leaking from Runit Dome—a bomb crater filled with radioactive soil in the Marshall Islands that is now being penetrated by rising sea levels

Read More

To sail, not to drift

Rick Murray

Navigating a changing ecosystem, funding marine science, and finding hope—WHOI Deputy Director Rick Murray charts the course toward our ocean’s future.

Read More

Sea Ahead

the sea ahead

Once upon a time, ocean scientists hung up cans on up a tree on Bikini Atoll to measure wave height in the Marshall Islands during nuclear weapons testing. Today, ocean technologies and data harvesting are heading somewhere big, from swarming bots, to more autonomous submersibles, and the miniaturization of ocean sensors

Read More

Looking into the Future

looking ino the future

WHOI researchers discuss various ways that ocean science and technology are enabling a deeper understanding of our blue planet

Read More

Uncharted Waters

Uncharted Water

Our global ocean will change dramatically over the next few decades. What might it look like, and how will humans adapt?

Read More